【公式】新築分譲マンション「サンクレイドル大宮公園レジデンス」 東武アーバンパークライン「大宮公園」駅徒歩3分

サンクレイドル大宮公園レジデンス

DESIGN

全93邸の豊かなスケールで描く、
洗練のレジデンス。

都市を優雅に愉しみながら、
緑景の潤いと開放感に抱かれる―
駅徒歩3分という利便と、大型公園に寄り添う
潤い豊かな地に相応しい邸宅風景をデザイン。
タイルやガラス手摺をはじめとした
多彩なマテリアルをコーディネートしながら、
新たな暮らしの象徴となる、
優美で品格のあるライフステージを描きました。

全93邸の豊かなスケールで描く、洗練のレジデンス。

安らぎに包まれた、

上質なコミュニティ。

潤いあふれる環境と響き合う、
新たな暮らしにふさわしい共用空間をプランニング。
家族やゲストとのふれあいを育む
多目的なコミュニティスペースや洗練された
エントランスホールなど、
全93邸のスケールを活かして、
豊かなコミュニティを実現しています。

都市に華やぎ、緑に還る邸園新景。
暮らしの品格を映すエントランスホール

暮らしの品格を映す
エントランスホール

タイルで美しく装ったフロアやライティングをはじめ、エレガントな意匠で豊かな暮らしへのプロローグを彩るエントランスホール。ホール奥には飾り壁をあしらった印象的なしつらえで、住まう人とゲストをお出迎えします。

豊かなコミュニティを育むキッチンスタジオ

豊かなコミュニティを育む

キッチンスタジオ

共用部には、住まう人の豊かな交流を育む、多目的なスペースをご用意。キッチンを中心とした空間にはテーブルやチェアを配し、カフェのようにゆったりと憩い、くつろげる空間に。友人や家族同士で楽しむパーティーをはじめ、シアタールームとしても利用できるなど、様々な集いやイベントにご利用いただけます。

穏やかな街に調和する、
豊かな暮らしのシンボル

潤いに満ちる街並みの風景と美しい調和を奏でるスタイルをめざして描いた、優美で風格のある外観デザインです。穏やかで優しい色調のタイルとガラス素材で装い、モダンで洗煉された表情を演出。時を経ても変わることのない、シンボリックで存在感のある景観を描きました。

穏やかな街に調和する、豊かな暮らしのシンボル

緑彩の環境と響き合う

ランドスケープ。

豊かな緑に寄り添う環境と開放感に優れた敷地を活かし、
新しいライフステージをデザインしました。
明るく心地よい暮らしが享受できるように、
3棟構成のランドスケープを採用。
街の憩いの空間となる提供公園やシンボリックな建物など、
そのすべてが美しい緑景と調和しながら、
新たな邸宅風景を描いています。

緑彩の環境と響き合うランドスケープ。
緑彩の環境と響き合うランドスケープ。

県立「大宮公園」の
豊かな緑彩を映す植栽計画

シラカシやヤマボウシをはじめ、イロハモミジやユキヤナギ、ハナミズキなど、高木から低木、季節を告げる花々まで、敷地を包み込むように多種多様な植栽をレイアウト。それぞれの季節で、過ごす場所で、四季の華やぎが楽しめるようにプランニングしました。

※1.掲載の外観完成予想図は図面を基に描き起こした外観完成予想CGと実際に撮影した写真を合成したもので、実際とは異なります。※掲載の完成予想CGは計画段階の図面を基に描き起こしたもので形状、色等は実際とは異なり、今後施工上の理由等により計画に変更が生じる場合があります。また、植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。※掲載の敷地配置イメージイラストは、図面を基に描き起こしたもので、実際と異なる場合があります。また、施工上の理由および改良のため、変更することがございます。※共用部は、管理規約によりご利用に関して制限がございます。

第1期先着順申込受付中!
モデルルーム公開中!
資料請求・来場予約受付中!

※1.風致地区とは:都市における良好な自然的景観を保全し、緑豊かなまちづくりを目的としたもの。風致地区内で造成や建築などを行なう時は、埼玉県の許可が必要となり、建築物の高さや建ぺい率、建築物のデザインや色など、さまざまな制限をが設けられています。埼玉県における風致地区は、この「大宮風致地区(大宮公園及び見沼田裏圃地域の一部約284ヘクタール)」1地区となります。出典:埼玉県ホームページ
※掲載の徒歩分数・距離は現地からのものです。※掲載の徒歩分数は80mを1分で計算し、小数点以下を切り上げています。
※掲載の所要時間は日中平常時(カッコ内は通勤時)の目安であり、時間帯により多少異なります。日中11:00~16:00、通勤時7:30~9:00に目的駅に到着するものを表記しています。また、待ち時間・乗り換え時間を含みません。掲載の情報は2020年2月現在、ジョルダン調べ。
※掲載の現地周辺航空写真は、2020年1月に撮影したものに、光等CG処理を加えたもので、実際とは異なります。また、現地の位置を表現した光は、建物の規模や高さを示すものではありません。

TOPへ戻る